トレモロブリッジを米国(guitarfetish.com)から輸入した件

ペグの交換、1ハムバッカー化(ピックアップ及び回路を全取り換え)など、様々な手術を施されてきた我が愛し?のフォトジェニックST-180(愛称:フォト吉)。

残るは大物(お金がかかるの)はブリッジ。

既存のものは、いわずもがな中華なもんで、ちょっとオクターブチューニングしようものなら、プレートに引っ掻き傷が付く。正にメッキが剥がれる訳だ。

とはいえ、それ以上の不満はなかったのだが、色々調べると我がフォト吉のトレモロブロックは、クッソ安いダイカスト(ダイキャスト)製で、サステインもイマイチということがわかり、ああ~交換してぇ~といてもたってもいられなくなったのだ。

丁度いいものが見つからない

しかし、事はうまく進まなかった・・・。

問題はサドルピッチ(弦間幅)にあった。

シンクロトレモロのサドルピッチ(弦間幅)には以下の種類があって、

  • 11.3mm
  • 10.8mm
  • 10.5mm

我がフォト吉の弦間幅は、10.5mm。

これって、中華をはじめとしたアジア製やメキシコ製の安いギターの標準仕様のようなんだけど、手頃な値段の10.5mmのトレモロブリッジって実は殆ど売ってない。

amazonでは、「GiGant ST ストラト用 プレスサドル トレモロブリッジ ユニット ASSY サドル シンクロナイズドブリッジ」が¥3,480で売られてるんだけど、ブロックがダイカストに見えるんだよね。それじゃあ交換する意味なくね?ということでパス。

まあ、べつに10.8mmでもいいんだけど、高いんだよなあ。soundhouseで検索すると有名どころは大体1万円以上しやがるんですよ。

ということで、DIY大好きなメリケンさんのギターパーツショップGuitarFetish.comから取り寄せることにしたんですわ。それにしても、Mojo toneといい何でこう性的な名前なのかw

GuitarFetish.com(GFS)から輸入する

買ったのはこれ。

 "Made in Mexico" Import Strat UPGRADE trem- Solid STEEL block


“Made in Mexico” Import Strat UPGRADE trem- Solid STEEL block $36.95

真鍮製のブロックとかあって色々悩んだんだけど、無難にこれにすることにした。それにしても結構まともに見える割に安いなコレww凄いぞUSA、どうなってるんだジャパンw

だが、うまい話には罠?があったww!!

guitarfetishの支払い情報

ジャパンまでの送料、最安の「USPS – First-Class Mail International」で$24.75ってマジっすか。

そして、為替。$58.93×115円=6,799円とかになる訳です。ギターの世界じゃ円安は不利だよね。圧倒的に。

結局、送料・為替込みで7,000円超えの値段になっちまうわけです。2倍じゃねぇかww

まあ、ええわい。質が良ければ。

発送。そして日本へ

意を決して購入した後は、到着を待つ。

GuitarFetish.comが発送するまでは、3~4日かかるみたい。soundhouseとかguitarworksみたいに即日~翌日発送なわけじゃないのね。まあ、大して変わらんが。

そして、配送状況は、GuitarFetish.comのアカウント画面でトラッキングできる。

GuitarFetishからの輸入

これをみるとUPSの場合、国際便は一旦ジャマイカwに集約するようだ。ジャマイカから世界に向けて飛び立つらしい。ちなみに、ジャマイカから飛んだ後は、我らの住所に到着するまで情報が更新されなくなる。

そして、待つこと6日。

UPSから日本郵便に引き継がれ、我が家についに到着。

guitarfetish.comのパッケージ

guitarfetish.comのパッケージ

注文3/17→発送3/21→到着3/28なので、トータルで12日。個人的には全然OKなスピード感。流石$24.75払っただけはある!?

取り付け

早速取り付けじゃ!開封!

GFSトレモロブリッジ開封

GFSトレモロブリッジ開封

バネは4本。安いものは大体3本なんだよな。

臓器摘出!フォト吉から、既存のトレモロブリッジを取り外し、比べてみる。

GFSトレモロブリッジとフォトジェニックのトレモロブリッジの比較

左:フォトジェニック製(フォト吉) 右:GFS製

持ってみると重さが全く違う。明らかにフォト吉のブロックの素材はダイカストですね。そして小さい。薄い。流石だぜw!!

そして、ヒイヒイ言いながら取り付け。

GFSトレモロブリッジ取り付け後

GFSトレモロブリッジ取り付け後のフォト吉(オクターブチューニング及び弦高の調整はしてない)

なんか、プレートがちょっと浮いとるなあwwww

やはりポン付けじゃ駄目なんですか?フォト吉君・・・。次の弦交換の時に調節しなければ。

肝心の音に関しては、妙に引き締まったというか、とってもスムーズな感じ。サステインも申し分ない。ピックアップ(SEYMOUR DUNCAN / APH-1b)の音が素直に出ている感じ。高音が甘くしゃらんとしてていい感じ。ただ、感覚的なものなのでプラセボ効果かもしれない。サドルの浮きも影響してるかもなあ~。

結果、概ね満足です。GuitarFetish.comいいわ。妙に怪しいところがまたイイ。リピしたいとこだけど、送料が高いのが玉にキズ。ちなみにネックとかボディも売っているんだが(安い値段の割には良いらしい)、一つだけでも送料$65とかになる。まとめると$80くらいみたい。だったら、Guitarworksで買ったほうが良いんじゃないか?みたいなw

追記:

浮きのせいでチューニングが安定しなくなった感あり。うむむ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする