弦間10.5mmのトレモロブリッジを巡る旅に終止符が打たれた日

以前、photogenicのストラトのトレモロブリッジを交換しようとしたら、弦間10.5mmのトレモロブリッジが手に入らなくて、米国のGuitarFetishから購入したという話を書きました。

ペグの交換、1ハムバッカー化(ピックアップ及び回路を全取り換え)など、様々な手術を施されてきた我が愛し?のフォトジェニックST-180(愛称...

この時は書かなかったのだが、実はこのトレモロブリッジ、なかなかにチープな作りで、トレモロアームが穴に入らないという欠陥品だったのですww(一応フォローしておくとそれ以外の部分は悪くなかったです)

やはり中華OEMクオリティーといったところでしょうかw。アメちゃんの検品のルーズさときたらww

で、その時にはフローティングさせずに固定したのだけれども、最近になってやっぱりアームを使いたいという思いがムクムクと鎌首をもたげてきた。

うむ。やっぱり、買い換えよう。

ということで再び弦間10.5mmのトレモロブリッジを探す旅に出たっちゅうわけです。

やはり弦間10.5mmブリッジが欲しい

トレモロブリッジなら、比較的手に入りやすい弦間10.8mmとか11.3mmのブリッジを探せばいいのでは?とおっさんも思わないでもない。

でも、10.5mmのブリッジは弦落ちがしにくいというメリットがあり、結構探し求める人が多いのだ(多分)。

また、中華系の安ギターとか、メキシコ系のギターは工場出荷時に10.5mmのトレモロブリッジが付いていることが多く、取り付け穴の加工する術を持たない人は、同じサイズのブリッジを探し求めるのだ(多分)。

おっさんも同じ理由から10.5mmのブリッジを探し求めたって訳です。

手頃な弦間10.5mmのトレモロブリッジがない

前回は探した時は本当に苦労したのだが、1年たっても状況は変わらず。

Amazonに売ってるのは、どれもこれもチープなやつなんだよね。

トレモロブロックがダイキャスト製で小さくて薄いやつ。流石に取り付けたくないレベルだ。

で、サウンドハウスを探してもお値段が手頃で良い品質の10.5mmトレモロブリッジが見当たらない。高いのはあるんだけどね。

ざっとこんな感じか。

  1. SUPER VEE ( スーパービー ) / BladeRunner6 N
  2. GOTOH ( ゴトー ) / NS510TS-FE2 Chrome
  3. HIP SHOT ( ヒップショット ) / 6 Screw Stainless Tremolo Bridge Narrow

サウンドハウス

ううむ。最低でも1万円かあ。高いのう。こんな高級ブリッジをおっさんの糞ギターに載せてもいいのだろうか。

よいわけないね、はい。( ー`дー´)キリッ

更に、Guitar Worksでも、弦間10.5mmのトレモロブリッジは2点支持のものしか見当たらない。

ああ、結局前回と同様に負のループに陥りそうになる予感。( ´Д`)=3 フゥ

また、GuitarFetishか!?いやいや、流石になあ・・。

まてよ、ebayがあるじゃないか!

ebayに行ったら普通にありますた

で、ebay。

普通に、Fenderメキシコのストラトに搭載されるFender純正ブリッジが売ってますた。しかも安いし。

お値段は、本体:2,256円、送料:2,493円

Genuine Fender Big Block Mexican Strat Chrome Tremolo Bridge w/ High Mass Block

ebayのguitaraudioで販売されているトレモロブロック

ebayのguitaraudioで販売されているトレモロブロック

肝心な弦間も、

String/Mount Spacing: 2-1/16″

と明記されております。

しかもこのセラー、Fenderの正規代理店らしい。

これはいいね。

しかしおっさんは、ちょっと冒険心というか、いつもの安物買いの悪癖が首をもたげ、別のブリッジを買うてしまいますた。

お値段は、本体:2,121円、送料:1,273円

なお、現在は品切れの模様です。

Wilkinson Licensed 6 Screw Type Tremolo Bridge Chrome for Strat Guitar

ebayのlamchowで販売しているブリッジ

ebayのlamchowで販売しているブリッジ

一応、wikinsonのOEM工場(中国)で作ってると書いてある。

肝心な弦間は、

String Spacing from E to E: 2-1/16″ (52.5mm)

うむ。バッチリ。

ebayで買ったトレモロブリッジが届いた

で、首を長くして待ってようやく届いたのが以下のブリッジ。

今回購入した弦間10.5mmのトレモロブリッジ

今回購入した弦間10.5mmのトレモロブリッジ

ブロックはダイキャストだけど重量があって重かったです。これだったらスチール製じゃなくてもいいやと思えますた。流石に、ノーブランドの中華製ブリッジとは違う。

全体的にも悪くない作りのような気がする。

クオリティとしては、今回買ったブリッジ>>>GuitarFetish >> photogenicに付いてるやつのイメージwww

しかし・・・喜ぶのはまだ早い。

なんと取り付けピッチが56mm(取り付け穴の間が11.2mm)だった

アーッ。やっちまったなぁ。

弦間ピッチと取り付けピッチは異なるんだなあ。

ちゃんと説明欄には書いてあったんだけど見過ごしちゃった。

 Spacing between mounting holes (1-6): 2-13⁄64″ (56mm)

お酒に酔っていたのか、まじめに英語を読まなかったおっさんが悪い。

仕方ない。取り付け用のビス穴を開け直すことに。

/(^o^)\ナンテコッタイ

今回も大失敗wwww(´・ω・`)

追記:取り付け後の様子

そしてこのブリッジを実際に使っているわけだけど、チューニングは狂わないし、photogenicのみたいにサドルを上下させると表面のメッキが剥がれるというようなことは起こらずwww、なかなかに優秀だと思います。

ただ、フローティングさせているせいか、サステインは短い。やはりブリッジを固定したほうがサステインは伸びるような気がする。

所有しているEpiphoneとか中華ヘッドレスと比較すると、ジャンジャン・ギャンギャンって感じで音が詰まるような気がする。

で結局、アームを使うと思いっきりチューニングが狂ったので使っていませんwwコケオドシですw

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. たこすけちん より:

    中華ギターの最大の泣き所はブリッジかもね。ウチのスタインバーガー R-trem のコピーOver Load Of Musicも、アームの取り付け穴のサイズが合っていなくて、取り付け大変でした。しかも調整用のイモネジもまったく効かない。1日放置するとチューニングが下がる・・・ブリッジやペグだけはお金かけないと、ギターとして成り立たないかもw

    • おっさん より:

      Over Load Of Musicも噂に違わぬ実力ですね・・・w
      個人的にも1日放置で大丈夫なことが品質の最低ラインですね。練習する時チューニングが面倒なのでw

      AliexpressとかAmazonのammoonとか安くて良いんですけど、あからさまに金属部品(ペグ、ブリッジ)の品質が低い感じですね。
      photogenicを買った時も直ぐにペグとブリッジを取り替えましたw
      米国のキットを売っているお店では、ボディやネックだけは中国から取り寄せて、ペグやブリッジはちゃんとしたものを入れているみたいです。
      http://www.byoguitar.com/

      ちなみに、当記事のoem wilkinsonについては今の所大丈夫です。ただし、アームを使うと・・・w