エレキギターをゴミとして捨ててみた(涙

ああ、部屋が狭い。

ということで、長い間おっさんとともに歩んできたヘタレ初級魔術師ことB.C.RichのWarlock Oneのボディがあの世に旅立つことになりましたw

本エントリーではヘタレ初級魔術師との思い出を振り返りつつ、ギターのボディを捨てる場合の注意点について考えて?みますw

ヘタレ初級魔術師との思ひでポロポロ→ボディはボロボロ

最初はその形状がカッコイイと思ったんだよこのギター。

某ハードオフで見かけた時には。

今思えば泥酔していたせいだと思うんだけど・・w

そしてお値段1万5千円で速攻でポチってしまったのです。

そして、到着後・・・安ギターにありがちなあることに気づく。

センターズレしとるw、ボディとネックの間に隙間があるw

B.C.Rich Warlock ONE

初期状態のヘタレ初級魔術師

うん、知ってた。だって、メイド・イン・チャイナだもの。みつを。

愛は一気に冷めるなあw

そして、大人の遊び道具としてリフィニッシュの実験台になることが確定したって訳ww

この後、怒涛の改造へなだれ込む。

まず、右も左も分からないおっさんに塗装を無理やり剥がされ、水性塗料で塗られww

その後フロントピックアップのキャビディを木片とか自動車用パテで埋められw

マーブル塗装失敗の餌食となりww

マーブル塗装に失敗したギター

自動車用塗料塗装の餌食となりww

更には、イラスト転写&ラッカー塗装の実験台となりww

イラスト転写後のギター

挙句の果てにバダス型ブリッジを載せられww

ヘタレ初級魔術師ことWarlock One(魔改造済)

最後には、スタッドアンカーが抜けなくなり、ドリルを使ってボディを掘って取り出したお陰で再起不能になりますた。

ご臨終です。

安心して安らかに眠るがいい。君の初期装備だったB.D.S.Mピックアップは押し入れのどこかに入っているはずさ・・

微妙過ぎてヤ〇オクでも売れねぇからな!!クッソ―

それにしてもB.D.S.MでググるとSMサイトが表示されるのは何でだろうww

ギターを捨てるには

こんなの書くまでもないのだがww

エレキギターは基本燃えないゴミなのである。

とはいえ、金属系のパーツを取り外せば、ただの木の板。大きくないので粗大ごみでもない。

ということで、おっさんは燃えるゴミに捨ててみましたww

そして全然OKでした。無事に搬送されましたよ。ゴミ処理場に。

バイバイ、ヘタレ初級魔術師君(Warlock One)。

君と君の兄弟達には二度と会うまいww

そして・・

さらばB.〇.Richww

でも中国製以外のB.〇.Richだったら買うかもw

 

今回はこんだけw



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。