ebayでESP LTDのギターボディを手にいれた件

ギター練習とギター弄り、ご無沙汰しておりますw。

ということで、久々にギター弄ろうかなと思い、ebayでUSAのお店から中古ギターボディを買ってみたよ。

ESP LTDのF100FMの中古ギターボディを買いますた。

ESP LTDのF100FMの中古ギターボディを買いますた。

買うたのは、ESPのF100FM↓

の中古ボディー(ブリッジ、ポッド、スイッチ付き)。

見た目がダークでもうどうみてもメタル・ギターですありがとうございますと、グッと来てしまった訳なのです。

お値段は・・・ボディー7,400円はいいとして、USAからの送料7,637円という残念価格w

ちなみにこれを新品で買うと・・・。

F100FM日本での販売価格

F100FM日本での販売価格

うーむ、これを見る限り、中古ボディの値段は、まあ妥当なところかな・・・。ピックアップは抜かれているけど、ブリッジとノブ・スイッチは付いてるしね。問題は送料だねwまあ、仕方ない。

さてこのボディ、スペックは材がバスウッド、24フレット対応、そしてフレイムメイプル・トップ・・でもチャイナ製ということで・・・そうさ、このボディ、元からの作りの悪さを更におっさんの魔改造によりボロボロにしたったヘタレ初級魔術師ことWarlock Oneのボディと交換したろうという魂胆さ。

ヘタレ初級魔術師ことWarlock One(魔改造済)

ヘタレ初級魔術師ことWarlock One(魔改造済)

交換した後に余ったボディは・・・捨てようかなw

Warlock Oneのボディ、飽きるんだよな。美人は3日で飽きる、というか、整形美人は3分で見破れるというか。派手なんだが、下品な感じが捨てきれないんだよなあ。ツキ板シートでも貼ってキルトメイプル・トップにでもすれば随分と上品になるんだろうが、木部まで弄り過ぎて収集がつかなくなってるしなあw

その点、F100FMは、最初からキルトメイプル・トップなのでそこそこ高級感はある。ま、チャイナ製故の作りの悪さが不安ではあるが・・・。それは、見てのお楽しみということで。

ちなみにESP LTDと言えば、ESPの廉価ブランドで日本→エドワーズ、アメリカ→LTDというブランド設定らしい。

で、ESPと言えばMetallicaとかSlayerだよね!

LTDもダークで、メタルなイメージが強い。なかなか良いじゃないですか。

出荷が早い

ということでebayで購入したのだが、ちょっ、買った後1時間で出荷されとるww

「Boyd’s Guitar Warehouse」恐るべし。早すぎるだろう。

ebayで買うのは2回目だが、どこも出荷はかなり早い印象。

普通、USAのお店といったら3日~7日は覚悟が必要な印象だが、ebayの評価システムのお陰だろうね。素晴らしい。

塗装用ボディを買うという選択肢

ebayを見ると、5,000円くらいでチャイナ製の未塗装ボディが買える。送料は5,000円位。

普通に日本製のアルダー材未塗装ボディを買うと1万2,000円位+送料だから、基本的に日本製を選ぶのが妥当だが、ストラとテレキャス程度しか選択肢が無いのが難だ。24フレットのネックをセットできるボディは見当たらないしね。

今回も、24フレットのネックがセットできそうなボディを探して、手持ちのブリッジがセットできそうなスタッドアンカー用の穴が開いてないチャイナ製の未塗装ボディを幾つかピックアップした。値段は上記の通り、送料込みで1万円位。

しかし、おっさんは思ったのだった。

塗装が面倒臭いw。

相当暇な時でないとやる気にならんのだよね。塗料の購入代金も馬鹿にならないし。5,000円はみとかないとね。

だったらピックアップをセットすれば済むようなボディを買うてしまえって訳です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする