Rocksmithの新DLCがまさかの「Dream Theater」だった件

Rocksmithの新しいDLCなんて年がら年中リリースされているので、いつもはわざわざ記事にすることもないのだが、今回のリリースがまさかの「Dream Theater」のDLCだったもので、ちょっくら感動し、書くことにしますた。

というのも、おっさんは高校生の頃からDream Theaterファンなのだ。

なんといっても、出世作である2ndアルバム「Image And Words」が強烈でした。最初聞いたときはまるで理解できませんでしたねw

Bon Joviとかしか聴いたことなかったものでw

そのうち、徐々に理解できるようになって、最新作の「The Astonishing」まですべてのアルバムを聴いてきた。

そんな、思い入れの強いバンドのDLCがリリースされたということで、ちょと盛り上がってしまった次第です。

さて、DLC。

個別にも購入できるんだが、Song Packが現在のところ960円。

内容は、

  1. Pull Me Under
  2. On the Backs of Angels
  3. Metropolis Part I: “The Miracle and the Sleeper”

うーん、「Image And Words」から2曲か。

それにしても、初心者にはハードルが高すぎるチョイスですね、これw

7弦ギターとかダウンチューニングを多用するバンドだけに、Eチューニングに絞ると、1stアルバムとか2ndアルバムがメインになってしまうんだろうね。

てか、初心者には弾けないでしょう。マジで。少なくてもおっさんは無理ですw

早弾きと変拍子が辛い。アルペジオが覚えられないw

弾けるようになるまでどんだけ時間がかかるんだろうw

もしかすると一生弾けないかもしれんw

公式Youtubeチャネルでは、デモ演奏でギタリストがボロボロになるという悲しい事態も起きていますww

すっごい悔しそうだったね、最後の人w。

「もっと練習する時間があればなあ・・」って言ってたねw

でも、欲しいなあDLC。

でも、絶対弾けないし、やる気を無くすことが目に見えているので、しばらくは放置プレイかなあ。

とりあえずSteamでセールになるまで待つか・・・。

いつかDream Theater弾けるようになりたいなあ。さ、練習すっか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする