IbanezのセミアコAM73D-ATFを中古で買ってみた

ドイツからのセミアコ輸入に失敗したおっさんであったが、リベンジすることにした。

そこで買ったのは、IbanezのセミアコAF73D-ATF。

新品で買うと5~6万円位のところ中古で3万5千円で買うてみました。

AFシリーズは、セミアコとしては、薄くて小さいのがポイントで、こいつはAFシリーズのエントリーモデルです。

ま、勿論中国製です。

で、結論から言うと

リフィニッシュ&ネック調整不可避。おめでとう\(^o^)/

ですた。

なかなかのじゃじゃ馬ですのう・・・ゲッソリ(ヽ”ω`)

レビューしてみる

フィニッシュ

まず見た目ですが・・・

なんか白っぽい。これはね、サテンフィニッシュだからなんだな。光を微妙に反射するとこうなるだな。

更に近くで見るとメイプルトップ、バックともに木目はなかなか良いのだが、如何せん、サテンフィニッシュのせいで色味が薄い。

エントリーモデルなので、上位モデルと差をつけているのだろうが、ちょっとチープだよなあ。

リフィニッシュ確定かなあ・・・。でも配線が面倒だなあ。

ボディの大きさ&厚みは

セミアコは大抵でっかくて分厚いものであるが、このAMシリーズは小さくて、薄いというのが特徴なんだよね。

実際にストラトと比べてみるとこんな感じです。上にストラトを乗せてみました。

丸っこいので大きいように見えるが、それほどストラトと大きな差があるわけではなさそうです。

厚みについても、角に丸みがないので、厚いように見えるんだけど、実際はほぼ同じですね。

実際に抱えた感じでいうと、ストラトのコンター加工に慣れていると、ごつく感じますが、さりとて大きいわけではないです。レスポールに慣れていればなんともない感じ。

生鳴りはどうか

詳細な検証は後ほどにするとして、やはりストラトと比べるとよく響く感はあります。

ただ、ボディが薄いせいか、近所迷惑になるようなレベルではないような気がする。あまり響かないセミアコを狙っていたので、この点狙い通りかなと。

ピックアップの音はどうか

解像度の低い低出力のハムバッカーという感じです。ビンテージを謳うVansonのピックアップより低出力です。

まあ、これはこれで味があるのかもしれん。Jazzなら全然OKという感じなのかも。

で、なんのピックアップを積んでいるかというと・・・

「LPC210-CR」って何者じゃ?

Google神様に「LPC210-CR」でお伺いを立てると、どうやら安ギター御用達の韓国Artec製のピックアップのようです。

てか、どっかのサイトで恥ずかしげもなくダンカン製だって売られてやがるww

ちなみにこのArtec、プライベートブランドで売られている安ピックアップのOEM供給元でもあるようです。おっさんが買ったVansonもArtecかもなあ。

ううむ。そのうち見た目重視でTV Jones(モドキの安ピックアップ)に変えようかしら。

弾きやすさ

ネックが太く、結構指板にRがついているので、自分的には慣れが必要かも。

あと、弦高が高い。弦高を下げようとするとビビる。

そのうちすり合わせが必要かもなあ。

金属部品

ブリッジは、チューンオートマチックなのだが、弦が交換しやすい感じで良い。

ペグは、韓国製って書いてあるね。トルクが適度に重い感じで、悪くない。まあ、こいつの交換はいつでもできるから放っておこう。

中古としてはOK

全体的に中古としては綺麗。ほとんど使用感がない。フレットが全く減っていないのはなんでだろう。

ペグやブリッジなど金属部品については、錆があり、ヘッドになかなか酷い打痕があるので、差し引きOKかな。

あと、AM73シリーズの場合、基本オープンタイプのハムバッカー「Infinity R」が搭載されており、ピックアップが交換されている可能性もなきにしもあらずなのだが、AF73D-ATFに関してはデフォルトがクローズドタイプのピックアップのようで、しかもセミアコの場合、ピックアップの交換が割と面倒なので、その点で、ピックアップが交換されている可能性は低いと思うんだよね。

はい、きた

と、ここまではまあ、許容の範囲内だ。

しかし・・・

ピックアップ・エスカッション用のビス穴が大量に空いておりました。

はいはい、中華ギターで見られるいつものやつですね。どうもありがとうございました。

もう、見えなければなんでもいいのかよ・・・(;´Д`)

まとめ

中古として綺麗なのはOKなのだが、サテンフィニッシュの見た目が微妙で、弦高も高い、穴が余計に空いているとくると、

新品の状態で買ったわけではないので、前オーナーがなんかやっちまった可能性を排除できないが、これが新品で5万円以上で売られていたらキレるね、あたしゃ。

とりあえず、Ibanezの安ギターは要注意です。つうか、AliexpressでGroteのギター買えば多分2分の1くらいの値段で同等品質のギターが買えると思う(ただ、AFシリーズは形状が独自なので同じようなギターはないと思うが)。

以下、Good、Badのまとめです。

良いと思った点

  1. 小さい。
  2. 薄い。
  3. セミアコの割にはそれほど響かない(ような気がする)ので近所迷惑にはならないかも。
  4. ペグが割としっかりしている。
  5. 弦を張り替えやすいブリッジがなかなか良い。

微妙と思った点

  1. サテンフィニッシュに若干チープ感あり。
  2. ピックアップの出力が低いが、味があるともいえる。
  3. ピックガードがなく、チープ感あり。
  4. ネックはストレートだと思うのだが、すり合わせがされていないのか弦高が高い。
  5. ピックアップのエスカッション用の穴が倍の数空いていたww

今後やりたいこと

  1. リフィニッシュ
  2. ネック調整&すり合わせ
  3. ピックアップの交換
  4. ピックガード導入

ってほぼフルコースやないけえ、なんやねん(/ω\)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。