Aliexpressで買ったヘッドレスギターをレビューしてみる

今日は前回Aliexpressで発注した中華ギターをレビューするよ。

塗装

サテンフィニッシュなのだが、フレイムメイプルトップが本当に綺麗。

よくよく見ると、1点塗装のムラがあったのだが、んーまあ、あまり目立たないからOKとしよう・・・。

ちなみに、色々調べると中華コピーギターは、塗装については結構素晴らしいものが多いみたい。

経験からすると刷毛塗りは難しいが、スプレーなら数回やるとそこそこの腕にはなるからね。農村のおばちゃんが夜なべして塗装しているんだろう。ありがたく使おうw

ネック

ネックの材はメイプル(だと思う)。

反りはなくストレートですた。

使われている木材が根っこの方なのかちょっとした斑点がある感じだったが、気になる程ではない。

なお、後ほどシムの存在を確認。

弾きやすさ

フレット処理は問題なく、ビビりはなかった。ちゃんとすり合わせされてまつ。

フレットのエッジも手に引っかかることもなく、良好に処理されている。

流石にここら辺はphotogenicとは違いますな。

チューニング

今回、最大のネックと感じるのは、チューニング。

実売で5,000円程度の中華製ブリッジがチューナーになっているんだが、ペグではなくブリッジ側に弦を巻き付ける形になる。

ヘッドピースに、弦のボールエンドをひっかけるんだよね。

ここら辺は、Strandbergとかに搭載されているブリッジと同じ考え。

しかし、中華ブリッジを舐めてはいけない

舐めたら汚染物質で死ぬかもしれない・・・じゃなくて、

指で効果をぐにゃりと曲げられる人以外は、硬すぎて手で弦が巻けない仕様なのだ。

結局六角レンチでグリグリと巻くことになる。

ライブとかでは全く使えない仕様なのであった。ライブしないけどw

もう一つ、問題なのがチューニングが狂いやすいということ。

1~2曲弾くと狂う感じ。巻き方の問題なのかなあ。

どうやら巻き方の問題だったらしく、今は一応安定しています。

GOTOHマグナムロックペグのがっちり感からすると、やはり緩い。

おっさんの腹もユルユルだが、色々とユルユルは良くないんである。

実は買う前から心配はしていたのだが、やはりといった感じ。

ABMのヘッドレスシステムでも導入するかなあ。でも3万円くらいかかるしなあ。

ピックアップ

もともと仕込まれていたピックアップはアクティブに見えるパッシブなピックアップ。ってなんやねんw。

取り外されたピックアップ

取り外されたピックアップ

なお、冒頭の写真は、新しいピックアップに交換済みの写真です。

このピックアップ、キャラクター的には、パワーはないけどハムバッカーとしてはかなりクリアで、フロントがスウィートに素直な音を奏でる感じで、悪くはない。

かといって強烈なキャラクターがあるかと言ったらそうでもなく、可もなく不可もない感じ。

ちなみに、中華コピーギターに搭載されているピックアップはロウ漬けされていないものが多い。なので、大音量でディストーションかけるとハウリングするというのは良く知られたところ。更に、ピックアップに顔を近づけて大きな声を出すとそれも拾ってしまうという・・w

なお、このピックアップについては大声で話しかけてもいないしw、密閉されているのでよう分かりませんですた。

結局、EYPARTSという中華サイトから買った「Artec HXTN Hot Rail Humbucker」というホットレールのハムバッカーを搭載することに。

結果、音の壁が出来るようなベタっとしたブラックメタルみたいな強烈なサウンドとなったが、それはまた別のお話にしまつ。

サステイン

0フレットがあるタイプのせいか、ブリッジが優れているのかw、ブリッジが固定タイプのせいか、やけにサステインに優れていて音が持続する(ような気がする)。

このサステインは、なかなか素晴らしい。

ギターの腕前に伸びが期待できない以上、ギターの音くらいは伸びてほしいものだ。

結局31,908円に見合うギターか?

個人的には、なかなか優秀なギターと思った次第。

まあ、photogenicよりはいいんじゃない?wwww

ピックアップを変えて5万円位でしれっと売られてそうな感じではある。

なによりもヘッドレスギターの物珍しさがありまつ。

この価格帯でヘッドレスはあまりないからね。

だからみんな怪しげなギターキットをAmazonで買ってしまうんだろうwww

SquireのClassic Vibeとかがサウンドハウスで4,9800円(税抜)、スタンダードシリーズが34,800円(税抜)ということを考えると、まずまずのコスパだと思う。

でもやっぱり、ブリッジはなんとかしたいなあ・・・。

追記:チューニングとか0フレットのポジションについて

使用しているうちに一度しっかりと安定した後はチューニングは狂わないということが分かりました。うむうむ、なかなか優秀w

それと、先日youtuberがammoon製?ヘッドレスギターキット組み立てにあたり0フレットのポジションにズレがあることに言及していましたが、とりあえずおっさんのギターに関しては問題はありませんでした。ちょっと、慌てましたがw

ちなみに、ネックとボディをばらすとシムが入っていました。一応調整できる人がいるんだと妙に感心したww

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. たこすけちん より:

    Aliexpress面白いですね!私もヘッドレス買おうか悩んでますが・・・やはりチューニングはあいかわらず酷いですか?トレモロレスで安定しないなら、スタインバーガー系のコピーはもっと安定しないような(笑

    • おっさん より:

      こんにちは。弾いているうちにそれなりに安定してくる感じですね。感覚としてはphotogenicのストラト位ですかねw微妙な例えですが。
      海外のブログだと、6角レンチでチューニングするのは面倒だが、安定しているとのレビューもありました。
      それと、ピックアップについては交換前提で買う人が多いようですね。

  2. たこすけちん より:

    交換されたPICKUPもAliexpressで買われたんですね。本物のEMGとか買うと、本体価格並みのお値段ですものね。交換用PICKUPはいかがですか?単品で買うものはそれなりのクオリティになっていますか?

    • おっさん より:

      いえ、EYPARTSという中華サイトで別途購入しました。流石にピックアップをAliexpressで買おうとは思いませんでしたw
      買ったのは「Artec HXTN Hot Rail Humbucker」です。パッシブです。これはヤフオクでも転売屋がそこそこ安価で売っているようです。
      製造元はArtecsoundで韓国のメーカーのようです。
      クオリティとしては、比較対象がないのでホットレール同士の比較はできないのですが、モダンメタルとかブラックメタルみたいな音がします。
      丸くスムーズというか、ベタッとしたような音の壁がズゴゴゴゴ・・・みたいな感じですね。
      ただ、Deathbuckerみたいな抜けるハイはないですね。ジャンルはかなり限定されるように思います。
      なお、例のサイトだとお値段はリア、フロント問わず1つあたり2,000円程度のようです。これに送料が乗りますが、それでも安いと言えば安いですw

  3. たこすけちん より:

    EYPARTSも謎パーツがいっぱいですねw
    どれがどの程度のものかさっぱりわからないところがスゴイ!
    メーカーロゴのデカールやインレイが堂々と売ってるのが(汗

    そうそう、Aliexpressで1本買ってみました。
    在庫あるの確かめて、他の店より同じものが高かったのでディスカウントをお願いしました。
    軽い値引きは割と大丈夫みたいですね。
    メーカー品のコピーではないので、ちゃんと届くと思うのですが。

    • おっさん より:

      あら、もう買ってしまわれたのですねww
      色々調べるとSellerによってバラツキが大きいようです。良いSellerに当たるといいですね。
      念のため現物の写真を送ってもらう方がいいかもしれませんね。
      そのうちどこかでレビューをしていただけたら嬉しいですww興味津々ですw

  4. 名無し より:

    Photogenicのギターの質を1とするとこのヘッドレスギターの質はどれくらいでしょうか。
    変な質問ですみません。僕もほしいもので。。。

    • おっさん より:

      こんにちは!
      手持ちのphotogenicのストラトST-180と無理やり比較すると、「3」位じゃないかと。
      お値段の分はベターかと思います。
      実態の不明なOEM工場で生産されているphotogenicと違い、一応Groteだけにフレット処理とか各部の作りは良いような気がします。配線も丁寧でした。
      木材も実態はよくわからんのですが、一応マホのようだし・・。トップのキルトメイプルも分厚いです。塗装も悪くないです。
      ピックアップは、普通の安いハムバッカーです。籠もりはしません。
      ブリッジは、まずます安定します。

      問題点としては、ヘッドレスという特殊な形状なので、ブリッジの代替品がクソ高いのと、設置が難しいということですね。
      今、新しいブリッジの取り付けを頑張っており、概ねできているのですが既に2~3週間かかっており、敷居は高いと思いました。

      良くも悪くも、もの珍しいヘッドレスってところが全てというギターかなと。