モードのポジションをひたすらまとめてみた【モード順】

今回は、モードそれぞれについてギター指板上のポジションをひたすらまとめていきたいと思います。

モードは覚えるのも面倒なので、何らかの役に立つかな?

モードとは?

ちなみにモードとは、おっさんは正式なところはよく分からんのだが、チャーチスケールなんて呼んでいる本もあって、スケールの一種ではあるのだが、欧米だと明らかにモードって言って区別しているみたい。

スケールというと、ペンタトニックもクロマチックスケールなんかもあって、大量にあるので、分かりやすいように区別しているのだと勝手に思っている。

基本的な考え方は、イオニアン(メジャー・スケール)を出発点として、イオニアンの2番目の音から始まるのがドリアン、3番めからがフリジアンというような感じで、イオニアンの構成音の7音に沿って規則的に1音ずつずらしていくことで、合計で7つのモードが定義されている。

  1. イオニアン
  2. ドリアン
  3. フリジアン
  4. リディアン
  5. ミクソリディアン
  6. エオリアン
  7. ロクリアン

なんというか、とても網羅的な考え方で論理的ですな。欧米か!って、欧米なんだよ。

今回は、こいつらをルート音毎のギターのポジションでまとめておこうって考えでござる。

でも、ギターの場合、ルートが変わってもその分、フレットを移動させれば同じフォームで弾けるので、あんまり意味はないんだけどね(苦笑)

分かっていながら、わざわざexcelで7×7=49個の画像を作っちまったぜ・・・。

イオニアン(ionian

こいつは、所謂メジャー・スケールと同じです。

C
Cイオニアン
D
Dイオニアン
E
Eイオニアン
F
Fイオニアン
G
Gイオニアン
A
Aイオニアン
B
Bイオニアン

ドリアン

C
Cドリアン
D
Dドリアン
E
Eドリアン
F
Fドリアン
G
Gドリアン
A
Aドリアン
B
Bドリアン

フリジアン

C
Cフリジアン
D
Dフリジアン
E
Eフリジアン
F
Fフリジアン
G
Gフリジアン
A
Aフリジアン
B
Bフリジアン

リディアン

C
Cリディアン
D
Dリディアン
E
Eリディアン
F
Fリディアン
G
Gリディアン
A
Aリディアン
B
Bリディアン

ミクソリディアン

C
Cミクソリディアン
D
Dミクソリディアン
E
Eミクソリディアン
F
Fミクソリディアン
G
Gミクソリディアン
A
Aミクソリディアン
B
Bミクソリディアン

エオリアン

こいつは、ちなみにナチュラル・マイナー・スケールです。

C
Cエオリアン
D
Dエオリアン
E
Eエオリアン
F
Fエオリアン
G
Gエオリアン
A
Aエオリアン
B
Bエオリアン

ロクリアン

C
Cロクリアン
D
Dロクリアン
E
Eロクリアン
F
Fロクリアン
G
Gロクリアン
A
Aロクリアン
B
Bロクリアン

まとめ

あー、疲れた。

でも腱鞘炎で弾けないんだよなあ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。