電導塗料の剥離とPUの交換で俺の愛しのレスポールは生き返るんだろうか・・・

現在部屋にも入れてもらえず、廊下に放置プレイ中のマイEpiphoneレスポール(韓国製20年物)であります。

しょんぼり佇むレスポール君

しょんぼり佇むレスポール君(2017年撮影)、アニョハセヨ~

何故なら、音がショボ過ぎるからです。音量が小さいのです。

某オークションで落とした後、クリーニング、配線のし直し、更にピックアップのマグネット交換という粗治療までして音の傾向は変わりましたが、特に音量自体に変化がある訳でありませんでした。物置に長い間放置されていた感じの傷み具合だったので、電装系は全て交換すべきだったかもしれません。ケチったのが裏目に出たか。ポットとノブの交換で一気に費用がかかってしまったからなあ。

いずれにしても、アンプの方で入力ゲインを上げれば一応聞ける音にはなるのですが、そうすると他のギターとの音量バランスが著しく崩れるという話で、他のギターのボリュームを下げて調整するのも、どうかなと思い、スタメンから外して放置プレイなのですな。クッソ―この無駄飯喰らいが!!

だがしかし!こやつには放置プレイをするには勿体ない唯一無二の特徴がありまして、それが弦高が手持ちのギターの中で圧倒的に低いということなのです。

この弦高の低さはなかなかのもの

この弦高の低さはなかなかのもの

それなりに前オーナーに使い込まれたようで、なかなか実践的なギターなのですな。

もったいねぇ~、もったいねぇ~ →公共広告機構です。

ということで、悠久の時を経て、こやつをスタメン復帰させるべく、この度色々と改善を施すことにした次第であります。

今回のメニューはこちら。

  1. 電導塗料を剥がす。
  2. ピックアップを交換する。
  3. 前回交換しなかったトグルスイッチとインプットジャックを交換しつつ、配線をやり直す。

電導塗料を剥がす

このレスポールには、コントロールキャビティだけでなくご丁寧にもトグルスイッチのキャビティにまで電導塗料が塗りたくられている。

コントロールキャビティの中

コントロールキャビティの中。ベッタベタに電導塗料が塗り込められている。

トグル用キャビティの中

トグル用キャビティの中。絶縁のため、厚紙を入れております。

こうすると、トグルスイッチやポットに通電することになるのだが、ポット同士も電導塗料を介して通電することになる。更に、配線材でつなげる訳であるから、電気の流れがなんだか気持ち悪くて、グランドループ疑惑もあり、こいつを何とかせにゃいかん訳です。

これに関しては、以前コメント欄でゴムのワッシャーを咬ませて絶縁すると良いとアドバイスを受けたのだが、ホームセンターが遠くて面倒なので、今回はそもそもの元凶である電導塗料を取り除くことにしました。

早速取り掛かりましたが・・・しかし、水でも落ちないし、シンナーでも落ちないという有様であります。なんやこれは。

ということで、週末の2日かけて、ヤスリを使って電導塗料を削り落とした次第です。いやあ面倒だったわい。気が付くと鼻の中に粉が入って鼻水が黒くなってますた。粉塵被害が半端ねぇ。

電導塗料を落とした後のトグル用キャビティの中

電導塗料を落とした後のトグル用キャビティの中

電導塗料を落とした後のコントロールキャビティの中

電導塗料を落とした後のコントロールキャビティの中

通電していないことを確認。

通電していないことを確認。黒い部分もあるけど、通電は殆どない。

おまけの作業

ちなみに、ブリッジも以前買っておいて戸棚の奥に眠っていたGOTOH製のものに交換しまつ。

GOTOHのナッシュビルブリッジを導入

GOTOHのナッシュビルブリッジを導入

ちょっと安っぽいんだよなあ、このブリッジ

ちょっと安っぽいんだよなあ、このブリッジ

実際にはめてみるとぴったりで、遊びもなくちょっと嬉しい。

見た目からしてかなりがっちりのGOTOH製

見た目からしてかなりがっちりのGOTOH製

ピックアップを仕入れる

さて、お次は、ピックアップの交換なのですが、現在遥かグレートブリテンから空輸されてくるピックアップを待っている最中です。

いつものように、ebayで英国のセラーから購入したんですな。

それが、これ。

Vanson ’57 Alnico II Nickel PAF style Humbucker

Vanson '57 Alnico II Nickel PAF style Humbucker

Vanson ’57 Alnico II Nickel PAF style Humbucker(出典:ebay)

送料抜きで4,376円也。

チミね、この値段でPAFとか喧嘩売り過ぎだろうw

・・・

よし買おう。

いやね、実はEpiphoneのProBucker(ポット付き&配線済み)もebayで6,257円で買えたりするんですな。

(まあ、製造が韓国で、販売が中国のセラーという怪しさ満点のシステムであるのだが、Artec製ピックアップでよくあるパターンなので、もしかするとArtecがOEMでProBuckerを作っているのかしらん)

これを純正と思い込んで買ってしまうのもオツであるのだが、誤解を恐れず言うとPAFのクローンがBurstBuckerでBurstBuckerのクローンがProBuckerちゅう話で、なんだかなあという気がしないでもなく、しかもコスパモデルだけに流通量が多い訳で、おもろないんですな。youtubeで見た限り、音自体はGibsonチックな音もするし、なかなか良いとは思うんだけど、どうも食指がわかない。

という訳でVansonに突撃した訳です。ちとレビューを信用し過ぎたかもしれんが、虎穴に入らずんば虎子を得ずなんで楽しみにすることにしよう。ブリテンの本気をオラに見せてくれ!

順調ならあと1~2週間で届くでしょう。はてさて。

Vansonの安ピックアップを導入した結果に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。