そろそろエレキギターはボディの木材が変わると音も変わるか否かという議論に結論を出そうじゃないかw

この議論、はよ結論を出してほしいねw

わざわざソフトメイプルのボディを購入して、photogenic ST180のボディと入れ替えてしまったではないかw

ソフトメイプルボディに入れ替えられたpohogenic ST180

ネックはそのままなので、ロゴにphotogenicの文字がw

まあ、音は(ジャリンジャリンに)変わったけど、弦も細いものに変えたし、ピックアップ(SSL-1)をフロントからリアに移動させたし、まるで比較にならんのよね。

そもそも、音が変わることを実証するための厳密な(科学的な?)比較なんて無理だよね。

ピックアップとか電装系は殆ど同じにできるかもしれないけど、形状とかネジ穴のあけ方まで同じで木材の種類だけ異なるボディ材を用意してするのは難しい。

ボディ材も、アルダーにしろバスウッドにせよ、切り出し方とか、切り出す木の状態とか、切り出す木の場所によって質は異なるはずだし、同質の状態の木材を比較用に用意するなんて不可能だよなあ。

変化の程度の問題もあるよね。木材によって音が変わるといっても、マニアじゃない一般人の耳で聞いて違うと分かるレベルじゃないとそもそも議論する意味すらないと思うんだけどねw

それにしてもなんでエレキギターにおいてこんな議論が発生するのか。

この原因は、多分安いギターはポプラとかバスウッドとかでそこそこ高いギターはアルダーとかアッシュとかだからだよね。

某ギターメーカーのラインアップを比べてみると実際そうなっているし。

モデル 価格 ボディ材
メインモデル 10万円 アルダー
コスパモデル 5.8万 ハードウッド(?)
エントリーモデル 2.5万 ポプラ

でも、やっぱり安いギターよりも高いギターの方が良い音が出るというのは大体において正解だろうと思う。

ただ、DIYギタリスト御用達のaimokuことアイチ木材加工株式会社のサイトを見てみると木材による値段の違いはせいぜい数千円って話で、数万円の差は出ないんだよね。※一番質の高いとされている2Aの値段(税抜き価格)

木材によってそんなに違いが出るんだったら値段に何倍もの差が出てもおかしくないよね。でもそんな差がないんだよね。

木材の種類 加工なし ストラトの形状にNC加工
アルダー 5,300円 10,300円
バスウッド 4,200円 9,200円
ホワイトアッシュ 8,500円 13,500円

でも某ギターメーカーのモデルには値段にかなりの違いがあるよね。

じゃあどこで値段の違いが出てくるのか・・・ちょっと調べると上記のギターメーカーはモデルによって生産国が違うんだよね。

モデル 生産国
メインモデル 日本
コスパモデル フィリピン
エントリーモデル どっかの海外工場

要するに、ピックアップとかブリッジとかペグのグレードもあるんだろうが、人件費が値段にに反映されてるって訳だね。ギターの製造原価に占める割合は加工賃が一番大きいだろうからね。

都市 月額賃金(ドル)
北京 578
マニラ 317
横浜 2,588

出典:MUFG アジア・オセアニア各国の賃金比較(2016年5月)

つうことで、結局ギターの値段の違いってボディ材の値段というよりも人件費の違いだけじゃね?そうすると、音の違いってボディ材の違いよりも作りの丁寧さとか精度の違いが出ているだけじゃね?海外の工場で出稼ぎのおばさんが加工するのと、日本で技術者が加工するのじゃ全く違うよね。ちなみに、安ギターって基本的に海外工場のOEM生産で、ギター工場としては、稼働率を上げたいわけだから、様々なメーカーのOEM生産を安く請け負うことになる。そうすると、発注者は都度暇を持て余していて(≒稼働率が低くて)安く請け負ってくれるところに発注する訳だ。だから、安ギターは品質のバラつきが激しいんだろうなあ。おっさんの持っている某ギターのようにギターの穴が8つあったり、ブリッジやペグの穴がずれてたりするわけだ。あとネックのフレットエンドがとがってたりね。

photogenicのネックにはネジ穴が8つあった

photogenicのネックにはネジ穴が8つあった!

木材の硬さによる加工のしやすさとか、ボディ材によって使うフィニッシュの技術(木目を生かしたオイルフィニッシュとか)とその難度によって、工場によって使える木材の種類が制限されちゃうとかもあるかもしれん。

マーケティングの問題

ギターの値段と木材の関係を考えると、マーケティングの問題って結構あると思ってる。

日本製の職人と海外の出稼ぎのおばちゃんが作ったギターの作りの違いは目に見えるか?って話ですね。

だって、しっかりとチェックするポイントが分かった人が実物を手に取って見ない限り作りの良さなんて分からんでしょう。

通販だったら、写真でしか判断できないから、絶対確かめようがないよね。

そうすると、値段の差を納得させるためにどうするかって話が出てくる。見た目が同じなら安いほうがいいよね。

だから、パソコンと同じでスペック勝負に出ざるを得ないって訳。

Duncanのピックアップ載ってます!Gotohのペグやブリッジ載ってます!で、木材は〇〇です!ってことになるよね。

結局こういう色んな大人の事情が絡み合って、ボディ材が違うと音も変わる!という伝説が生まれたんじゃないか。

勿論、木材によって見た目のとか耐久性は変わるから値段に反映されるって話は理解できる。やっぱりアッシュの木目を生かした塗装とか恰好が良いし、バスウッドは柔らかすぎてへこみ易いからね。

でも、音には関係ないんじゃないかなあ?だって、youtubeとかの検証動画を見てもボディ材が木材の場合とプラスチックの場合の違いすら分からないよ、おっさんはw

18 件のコメント

  • ボディ材によって音は違うと思います。やわらかい材はやわらかく、固い材は硬い音になりますね。材の特徴と音の印象が同じようになるのは面白いです。ただし聴取者として演奏を聴いた場合の印象は、演奏技術、音作り、音響などの影響での違いの方が大きいのではっきりわからなくなります。弾いてる本人には明らかに違って感じられるので、ある程度材にこだわるのは仕方ありません。

    • なるほど、なるほど。
      やはり、多くのメーカーが木材にこだわるのには何かがあるんでしょうね。
      また、おっしゃるように、演奏者にとっては違いが感じられるところがあるのかもしれませんね。
      ここがエレキギターの奥深い部分でありぼやけた部分であり、楽しい部分なのかなーと最近は思ったりします。

  • アコギはやっぱ違う、でもエレキは正直値段ほどは変わらないと思う。
    私の中では、まず腕前が8割、残りの2割を100としたときに、アンプが50,ピックアップが30、木材が20で、その他もろもろが10ってとこかな? これにエフェクター噛ませようもんなら、もうアンプとエフェクターとPUがハムかシングルかの世界です。
    ギター10年以上やってますが、そう思います。

    • 確かに、上手い人は何を弾いても上手く聞こえるといいますね。ようつべでいちむらまさきさんとかの動画を見ていると私もそう思います。

      結論としては上手くならんといかんということですね。
      ・・・昨日も練習サボっちゃった_| ̄|○

  • エレキギターの場合は、本体そのものよりもアンプやEQの設定、エフェクターによるところが大きいので、木材自体はそこまで重要視しなくても良いと考えます。

    そして人間の耳、五感なんてものは曖昧なもので、その日の体調や気分によっても変わりますからね。機械ではありませんし。
    よく言われるのがブラインドテストした時にそれぞれの違いを当てられるかという話です。本当にわかってる方なら、何本ギターがあろうと明確に判断できるハズです。
    例えばバニラ味とチョコミント味を区別できない人はまずいないですよね。
    それくらいはっきり分からないなら、俺は違いがわかる!とは言えはないと思いますね。

    あとギター歴が長くなればなるほど、自分の中の勝手な基準や好み、偏見が混じってくるので、歴はあまり大事ではないかと。

    好きな音楽や影響を受けたギタリストによっても皆それぞれ言うことは違うという点もあるので、音、というのは難しい問題ですよね。

    • そう思います。
      音は映像と違ってかなり正確にデジタルで計測が可能なので、ようつべでも比較をする人が出てきてますが、木材で明確な違いを示した例は見たことがありません。とはいえ、違いを感じる人がいるのも無視できません。ですので、結局は見た目も含めた好みの問題でいいと思ってますね^_^

  • 私はギター歴30年くらいです。正直材による音の違いはあると思います。でもそれは音の良し悪しではなく、好みの問題でもあると思うんです。例えばバスウッドを安価なモデルに使われている、サウンドに特徴のない材と言う方がいます。でも、そのフラットな音響特性を好むギタリストもいます。私は何本かギターを所有してますが、材にあまりこだわってません。むしろそれらの個体差を楽しんでます。

    • ジョン・ペトルーシもバスウッドが好きなんだ的なことを言ってましたね~
      実際にギターのほとんどがバスウッドだったような。
      う~む、ギター歴も積み重ねると見えてくるものがあるのかもしれませんね~(;・∀・)

  • 初めまして。
    現在所有ギターが60本を超えている歴30年ちょいで元楽器屋、元楽器メーカー勤務のものです。

    確かに同じストラトであってもボディの寸法やザグリ部の違いなどもあり、全く同じ条件での比較は困難ですね。
    ピックアップの高さが少し違うだけでも音が全く違いますし。
    ただ、色々と引き比べるとやはり材のキャラクターはあると思います。
    エレキの場合はアンプ、ピックアップがやはり音を大きく決定する要因であることは間違いないですが、材の前に組込・調整があり、材はその後かなぁと。

    演奏者の腕が1番だと書かれている方がいらっしゃいますが、私も同感です。
    それに付け加えて、演奏者が気持ちよく弾けるとそれがさらに素晴らしい演奏に繋がり、より良い音になると私は思っています。
    つまり、材の違いによるちょっとした違いが、良い演奏を産み、良い音になると考えています。
    それこそが高級ギターの存在意義であると思っています。

    ちなみに私もバスウッドは好物です。アルダーより全然良いと思います。
    バスウッドが誤解される大きな理由は、安いギターに使われて酷いパーツと酷い組み込みにより酷いギターになってしまった可哀想なバスウッド達によるものと思います。

    • なるほど、なるほど~φ(..)
      これまで皆さんの意見を拝見すると、音に与える要因は多々ある中で、木材の影響もあるという意見が多いようですね。
      組み込み・調整の影響は確実にありますよね。私いい加減なもので、ちゃんとした方にお願いしないと駄目だなあと常日頃痛感しています。

      バスウッドに関しては、私も完全にイメージの問題だと思います。バスウッド=粗悪な激安アジアギターというイメージですものね。
      加工のしやすさもアルダーとそれほど変わらないと思いますし、酷いなあと(´Д⊂ヽ

  • 木材の影響は間違いなくあると思います。というのも、エレキギターは結局アナログな楽器なので、デジタルみたいに同じ作りだからといって同じ音は出せないと思うのです。木が変われば弦の振動の仕方も変わり、結果音も変わります。
    なので音は変わると思うのですが、その変化に何万もの価値があるかと言われれば非常に疑問です。エレキギターは最終的にアンプを通すことになる上、アンプを変えることによる音への影響の方が遥かに大きいからです。そこへさらにエフェクターなんて繋げたら、もう木材なんてそれこそアクリルとかでも関係ないと思うんです。タルボなんかボディが金属ですけど、音を聞いただけで気付ける人はほぼいないのではないでしょうか。さらにさらに、みなさんが言うようにプレイヤー本人の腕というお金では買えない一番大きな要素も加わるとなると、木材なんて本当にどうでも良くなってきます。
    結論としては、木材で音は変わるけど大した違いじゃないです。なので、高いギターを買うかどうかはもう個人の満足感の問題だと思います。もちろん、トップレベルのプレイヤーとなればその細かい違いも重要性が増すと思いますが、ほとんどの人は当てはまらないんじゃないでしょうか。私は何年弾いてても下手くそなので、一生初心者用ギターでいいはずなのですが、ただ何となくカッコイイというだけでFenderです 笑

    • ふむふむ。結局はプレイヤーの腕次第というのが多くの方が肌感覚で納得できる結論になりそうですね。

      てか、Fenderをお使いですか・・・いいすなあ(´Д`)
      こちらはジャンクor中華の道を邁進しており、しばらくステップアップは無理そうです( ー`дー´)キリッ

  • 初めましてこんにちは。通りすがりですが面白い内容でしたので……(^o^;)
    僕はギター歴35年でサボリ期間が25年目に突入しました。c(>__<)

    • こんにちは。ありがとうございます。
      皆さんのコメントのお蔭で充実した内容のページになりました(*^^*)
      ちなみに、私のサボり期間は約20年でしたwww

  • ボディやその他のパーツで明らかに音は変わるでしょう。
    ただ、一般の人は、あんまりわからんのは、他の楽器と同じだと思います。

    ピアノとかバイオリンで何千万言われても、弾いてる人しかわからないのと、同じでしょう。

    じゃあ、五万の楽器でいいかと言うと、それは違うような

    • 売値が5万だとすると、仕入値が2.5万。2.5万円でギターを作るとなると、材料費0.5万、人件費とその他経費で2万。。日本じゃバイトでも無理ですね。
      そんなふうに製造面から考えると、5万円で良いギターをゲットするのはかなり難しいなあと思いますね。
      自分の腕前と懐具合と相談しながら妥協点を見つけるしかないんだと思いますね^_^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。