ネックのネジが緩かったのでインサートを付けようと企んだ結果

散々、ネックの取り外しをしたお陰か、ネックのネジ(スクリュー)が緩い。

ドライバーで回すといつまでたっても止まらず、回り続けるという状態になってしもうた。

緩くなったネジ

緩くなったネジ

しかも、弦を張った状態でバキッと木がきしむ音が聞こえることがあるのだった。

困ったなあ、ネックとボディがしっかり接合していないとサステインにも影響が出そうだなあ・・・と思っていたところ、「インサート」を使うと良いという情報を小耳に挟んだ次第でありまつ。

インサートとは?とギターへの活用法

そもそも、このインサートちゅうのは、ネジ止めが大変な材料(コンクリートとか)に、埋め込んでおくことでねじ止めがしっかりできますよっていうものです。

海外ではこれをギターに応用している人がいるのだ。国内にもいるよね、多分。

ふむ。なかなか面白い。

ということで、早速インサートを購入したのだった。

Amazonで購入しますた

Amazonで購入しますた

インサートを付けようとしたが・・・

で、実際に付けてみようと思い、まずは手持ちのネジが購入したインサートに入るかチェックすると・・・

入らん/(^o^)\

ネジ径は合ったのだが溝が合わなかったという始末

ネジ径は合ったのだが溝が合わなかったという始末

\(^o^)/終了

ネジの溝が合わないという超絶な凡ミスであった。

素人丸出しで乙であります。

はっはっはっはっは、参ったなあ・・。

別の手段で緩みを解消

今回はインサートを諦めるとしても、ユルユルを許容するのが癪である。

ということで、別の手段をとることにした。

タイトボンドをつま楊枝に付けてネックとボディのネジ穴の内部に塗りたくる。

まあ、なんて単純なんでしょう。

そして、丸一日経過して後、ネックを取り付ける・・・と

ネジ穴復活、ネックとボディがっちり結合\(^o^)/

なんと、バッチリ、大成功じゃないすか。

簡単、簡単。はっはっは。

対処療法であるが、まあいいか。

根本的には、ピックガードを切削して、ネックを取り外さなくて済むようにするのが良いのだろうけど、これがとても面倒な訳で・・・(;・∀・)

ミニルーターがあればなあと思うんだけど、それなら同じような金額で新しいピックアップが欲しいw

さあてどうするかな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. たこすけちん より:

    「建築の友 ねじパテ 木部用」<これを曲がっていたブリッジの着け直しに使いました。耐荷重16kgfだったかな。今のところ問題無いでつ。

    • おっさん より:

      おお!こんなのがあったのですね。これはなかなかよさそうです!
      Amazonのコメント欄もエレキギターに使ったというコメントがちらほらありますねw
      https://amzn.to/2t5MZKu
      インサートは、取り付けがまっすぐでないとダメなので加工の難易度が高いのが難点。
      ギターのネジに合うかも分からないしw

  2. たこすけちん より:

    インサート使ったら木ネジのままじゃダメなんじゃ?素人なのでよくわからないけど。

    • おっさん より:

      結局そういうことみたいですね。流石にテキトー過ぎました・・・ww
      色々な規格を理解しないとダメっちゅうことですね。(;´Д`)