GHOST FIREのセミハードケースが良かった件

この歳になると、安いソフトケースでギターを持ち運ぶのはちょっと恥ずかしかったりする。学生時代はそんなこと気にしなかったのにね。

自意識過剰かとも思うのだが仕方ない。

ということで、ギターレッスンに通うためのケースを買うことにした。

色々考えたのだが、ハードケースだとおっさんのジャンクギターには大げさだし、ソフトケースはいやなので、間を取ってセミハードケースかなと。

で、探してたら良さげなのがありました。

「GHOST FIRE Guitar Case Bullet2.0 for Guitar」

https://www.digimart.net/cat23/shop3920/DS05615762/

どうやらAmazon等には置いていないみたい。情報が少ない。プライベートブランドか何かなのか。。

しかし丁度セール中で激安であった。安い、安すぎる十万石まんじゅう。

ということで買ってみました。

かなり良かった「GHOST FIRE Guitar Case」

めちゃくちゃ早く届いて嬉しかったです。ありがとうございます。

ということで届いたブツを見てみると・・

見た目は結構格好が良い、と思う。

ギター的なフォルムにしていないのは、色々な形のギターに対応するため(Flying Vは非対応みたいです)と恐らく生産の効率化のためだと思う。これなら緩衝材に布地を縫い付ければよいので。まあむしろ格好良いので全然OK。

中は固定するクッションが付いていて、ネックを固定できるようになっている。ボディの底にも緩衝材が入っていて固定されるようになっている。縫製も悪くなさそう。全体的に分厚い緩衝材でできており結構安心感はあります。

背負うためのベルトも完備。位置は下すぎることがなく、170cmのおっさんの身長には丁度良い感じです。

ジャンク上がりのメインギターwを載せてみました。このようなレスポールやストラトならバッチリです。

しかし、8弦ギターはネックがクッションの幅に収まりきらず、フタが閉まりきりません。7弦ギターは分かりませんが、6弦用と思った方が安全かと思います。

背負った感じとか?まとめ

ギターを背負ってみると、割とずっしりと感じます。ケース自体は1.9kgということで軽いとは思いますが、まあペラッペラなソフトケースと比べても仕方ないのでこんなものでしょう。もしかすると自粛でおっさんの足腰が弱ったかもしれない(;´Д`)ハァハァ

まとめになりますが、生地(緩衝材)は分厚く、総じて作りは良いと思います。セミハードケースの安心感がグッドです。

これで気兼ねなくギターをもって外出できると思うと胸アツです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。